Excelでチェックリストを作成

2017.10.18

Excelにチェックボックスラジオボタンを設置できる機能をご存知でしょうか。
今まではチェックボックスは□(四角)で代用、チェックを入れるときは1度□を削除してから☑(チェック)を入力するという面倒な手順を踏まなくてはいけませんでした。

Excelの機能を利用すれば簡単にチェックボックス・ラジオボタンの設置ができますので是非ご活用ください。

チェックボックス・ラジオボタンの設置方法

開発タブ挿入から設置できます。
挿入をクリックしたらまたはを選択して下さい。

フォームコントロールActiveX コントロールがありますが、今回はフォームコントロールのグループから選択して下さい。

十字カーソルが表示されるので、設置したい場所でドラッグするとチェックボックスと選択肢のテキストを入力できるスペースが作成されます。

選択肢の編集はチェックボックスのスペース上で右クリック。テキストの編集からできます。
サイズの変更もスペース上で右クリックをすると枠が表示されるのでドラッグで編集して下さい。
セルにサイズを合わせると見やすくなります。

ラジオボタンのグループ分け

複数選択が可能なチェックボックスとは違い、ラジオボタンで選択可能なのは複数選択肢の中のひとつのみ。
ラジオボタンをシート内に設置した場合シートがひとつのグループという扱いなので複数のラジオボタンを設置した場合、項目が複数あってもシート内のひとつのラジオボタンしか選択できません。

なのでラジオボタンを設置する場合はグループ分けをして、項目ごとにチェックができるようにします。

グループ分けの方法

チェックボックスなどを追加したときと同じように、開発タブ挿入をクリックしてフォームコントロールを選択します。
十字カーソルが表示されるので、項目でまとめたい選択肢を囲んでください。

デフォルトでグループ名が設定されているのでグループ名の上で右クリック、表示されたメニューからテキストの編集を選択して、タイトルを変更して下さい。
今回は削除します。

各項目から1つずつ選択できるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォームズでは無料でメールフォームを作ることができます
メールフォームとは、フォームに入力された情報をメールで送るサービスです。問い合わせの受付や申し込み、アンケートなどに幅広く利用できます。