フォームに『SSL通信』を反映させる方法

2017年03月06日

SSL通信とは?

皆さんは、「SSL通信」という単語を一度は見たことがあると思います。
なんとなく、セキュリティ関連だというイメージを持っている方も多いと思いますが、その通りです。

正確には、「Secure Socket Layer」の略で、インターネット上でやりとりされるデータの「盗聴・改ざん・なりすまし」を防止するための「暗号化通信」のことです。

SSL通信機能を有効にするには?

フォームズをご利用のユーザ様から

フォームズのホームページに「SSL通信で保護された安全なフォームです」とあるけれどどうやってSSLフォームにするの?

このような質問をたくさんいただきますが
フォームズで作成したフォームは初期状態でSSL通信機能が有効です。

そのため、特に設定する必要はないんです。

フォームがSSL通信に対応しているかを見分ける方法は、とても簡単で、フォームURLの先頭が「https」となっていればSSL通信機能が有効です。

SSL通信機能が有効なフォーム

SSLフォームを設置したのに、ブラウザのアドレス欄のURLが「https」になってないんだけど…

おそらく、SSLフォームを「インライフレーム(iframe)を使ったを埋め込み型で設置」していると思います。

残念ながら、ブラウザには親ページのURL(状態)が表示されているので、SSLフォームを設置しても、見た目上は、SSL通信を使用しているか分からないんです。

埋め込み型で設置したフォームはSSL通信機能が反映されないの?

安心してください。埋め込み型で設置しても、フォームのSSL通信は有効です。

SSL通信を使用していることを、はっきりさせたい場合は、「SSLスマートシールを表示させる」方法があります。

<

h2>SSLスマートシール表示させる方法は?

下の画像のように、フォームの一番下に、SSLスマートシールを表示させることができます。
くわしくは、こちらの「SSLスマートシールを表示させる方法」をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォームズでは無料でメールフォームを作ることができます
メールフォームとは、フォームに入力された情報をメールで送るサービスです。問い合わせの受付や申し込み、アンケートなどに幅広く利用できます。