あなたは大丈夫?10個のストレスサイン(症状)を要チェック!

2018年11月14日

メンタルヘルスに取り組む企業が増えたきっかけは、職務上の過労による自殺者の増加だったといわれています。その背景には、仕事のグローバル化、高度情報化、競争の激化、働き方の変化、倫理の欠如、人間関係の希薄化など、これまでにない社会環境の変化があります。
当初、企業のメンタルヘルス対策は、顕在化している不調者のケアに留まることが多かったのですが、4~5年前からメンタルヘルス不調になることを未然に防ぐ予防的なケアに取り組む企業が増えています。

この記事では、ストレスについてご説明していきます。

ストレスに関する基本的な考え方 ―10個のストレスサイン(症状)―

ストレスは早めに気づくことが大切です。

はじめに、あなたのストレス状態をチェックしてみましょう!

 

結果はいかがだったでしょうか?

人によってストレスサイン(症状)は異なります。
自分のストレスサイン(症状)を知っておくと、ストレスに早めに気づくことができます。

ストレスサイン(症状)

心のサイン

  • 不安緊張
  • イライラしたり、怒りっぽくなる。
  • ちょっとしたことで驚いたり、急に泣き出したりする。
  • 気分が落ち込んでやる気がなくなる。
  • 人付き合いが面倒になって避けるようになる。

身体のサイン

  • 肩こりや頭痛腹痛、腰痛などの痛みが出てくる。
  • 寝つきが悪くなったり、夜中や朝方に目が覚める。
  • 食欲がなくなって食べられなくなったり、逆に食べ過ぎてします。
  • 下痢をしたり、便秘をしやすくなる。
  • めまいや耳鳴りがする。

あなたのストレスサイン(症状)は、何でしたか?

ストレスとは?

原因となる刺激(ストレッサー)と外部から刺激を受けて体に起こる反応(ストレス反応)を合わせて「ストレス」といいます。

一般的に「ストレス」と聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人が多いと思います。
ストレスには、ユーストレスとディストレスの2種類があります。
前者は成長や発達に必要なストレス源となる良いストレスです。嬉しい、楽しい、ワクワクした気分になります。血液の循環を良くしたり、胃液やホルモンの分泌を盛んにするなど健康を保ったり生活に活力を与えます。
後者は不快でより害がある悪いストレスです。辛い、悲しい、不安、嫌だといった感情が現れてきます。自律神経失調症、心身症、心因性の高血圧、胃潰瘍、糖尿病や過食症・拒食症などを引き起こし、健康を阻害します。

これから、社会で問題視されている後者のストレスについてご説明していきます。

ストレスに関する基本的な考え方 ―ストレスの3段階―

ストレスという言葉をはじめて用いたカナダのハンス・セリエは、ストレッサーの影響にさらされてからの時間経過を3段階で表現しました。

セリエの汎適応症候群

第1段階は『警告反応期』です。

ストレスに対して緊急反応する時期で、ストレスに直面してショックを受けている「ショック相」と、ショックから立ち上がろうとしている「反ショック相」があります。疲労感や肩こり、イライラ、ミスや事故などが多くなります。
この時期は、自分でストレス状態にあることが分かっています。

第2段階は『抵抗期』です。

持続するストレスストレスに対する抵抗力が一定のバランスを取り、安定した状態になります。疲労感が興奮に変わり、仕事をバリバリこなすなど心身の活動は活発になりますが、休息とのバランスが崩れやすくなります。
疲れているけど、ハイテンションな状態がこの時期です。ただ、ストレスに抵抗し続けるためにはエネルギー(適応エネルギー)が必要です。
ストレスがさらに持続してエネルギーを使い果たすと、抵抗力が徐々に低下します。

第3段階は『疲憊期』です。

大量に、長期にわたってストレスを受け続けたために、体が疲労困憊し、もはやストレスに適応できなくなった状態です。
こうなると、最初ストレスを受けた時のショック相に似たような症状が起きてきます。それ以降のストレスはすべて生体にとって“悪玉”以外のなにものでもありません。気分が深く落ち込み、無気力、集中力の低下、物忘れがひどくなります。
非常に病気になりやすくなり、うつ病や心身症などの発症率も高くなってきます。
そして、このまま放置すると、生命を維持するのは困難になって、死に至ることもありますので、専門家の関与が必要です。

まとめ

あなたのストレスは、良いストレスだったでしょうか?
それとも、悪いストレスだったでしょうか?

ストレスにさらされると、交感神経が常に優位に働きます。交感神経は働きを強める方向に作用する、いわば「緊張のシステム」です。一方、副交感神経は働きを抑える方向に作用する、いわば「リラックスのシステム」です。

1ヶ月を目安に適切な対処をして、副交感神経を優位にする生活を心がけましょう!

次回の記事では、悪いストレスの対処として「セルフケア」に焦点を当ててご紹介していきます。

フォームズ編集部
オフィスで働く方、ネットショップやホームページを運営されている皆様へ、ネットを使った仕事の効率化、Webマーケティングなど役立つ情報をお送りしています。