「Google ToDoリスト」でスケジュール/タスクをきっちり管理!

2018年11月22日

今回取り上げる「Google ToDoリスト」は、Google社がサービス提供するスケジュール/タスク管理ツール(アプリ)です。

「ToDoリスト」とは、日常業務で「やるべきこと(to do)」を記録するツールのこと。たとえば、「○月○日までに済ませる作業」や「頼まれた買い物の品」など「忘れずに行わなければならないこと」がある場合、その期日や(業務)内容などを登録し、リストにまとめて管理できるのです。

以前より、GmailやGoogleカレンダーのいち機能としてToDoリストは利用できましたが、2018年4月、スマートフォン向けの専用アプリ「Google ToDo」がリリースされました。Googleアカウント(アドレス)を持っていれば無料で利用可能な「Google ToDo」リスト。本稿ではPCブラウザ版、スマホ版両方の機能や使い方を解説していきます。

PCやスマホでToDoリストを利用できるようにする

PC版Gmailは、右端のサイドパネルに「ToDoリスト」のアイコンがあります。これをクリックするだけでOKです。

【PC版】


スマホでは、アプリ「Google ToDo(ToDoリスト)」をインストールします。
iOS版はこちら、Android版はこちらからダウンロードできます。

ToDoリストを使ってみる

PC版では「タスクを作成」をクリック、スマホ版では「新しいタスクを追加」をタップすると新規タスクを追加できます。
ちなみに、PC版ではメールをサイドパネルにドラッグ&ドロップすることでもタスク追加が可能です。

【PC版】


【スマホ(iOS)版】

タスクを編集する

PC版ではタイトルを入力してタスクを登録後、リストの「詳細を編集」(ペン)アイコンをクリックするとタスクを編集できます。具体的には、タスクの削除タスク名の修正詳細の追加期限の設定サブタスクの追加が行えます。

【PC版】


メインのタスク内にさらにタスクを設定したい場合は「サブタスク」を追加しましょう。


スマホ版の場合、登録済みのタスクをタップすれば編集画面に移ります。編集項目はPC版と同じです。

【スマホ(iOS)版】

リストを作成する

「Google ToDoリスト」は、リストを複数作成し、リストごとにタスクを管理することもできます。

PC版はサイドパネル最上部、リスト名(初期は「マイタスク」)の横にある「▼」をクリック、スマホ版は画面左下にある三本線のアイコンをタップするとメニューが開くので、そこから「新しいリストを作成」を選択します。

【PC版】

【スマホ(iOS)版】


PC版もスマホ版も、作成したリストの切り替えは、リスト作成時と同じメニューで行えます。

【スマホ(iOS)版】


タスクをほかのリストへ移動することもできます。
タスクを選んで編集画面を開き、リスト名をタップして移動先のリスクを選びます。この作業はPC版/スマホ版共通です。

【スマホ(iOS)版】

完了したタスクにチェックを入れる

タスクを完了したら、タスク名の頭に付いたラジオボックスにチェックを入れましょう。チェックされたタスクはリストから消え、「完了済み」タスクとしてまとめられます。サブタスクも同様の処理が可能です。

【スマホ(iOS)版】


「完了済み」の処理がされたタスクのチェックをクリック/タップして消すと、もとのリストに戻せます(未完了状態になる)。
ゴミ箱のアイコンをクリック/タップすれば、完了済みタスクを消去できます(スマホ版の場合、完了済みタスクを選択したうえでゴミ箱アイコンをタップ)。

【スマホ(iOS)版】

使い方を覚えるのが面倒、機能が複雑、などの理由でデジタルのToDoリスト的ツールを敬遠してきたユーザーも、今回ご紹介した「Google ToDoリスト」なら、紙のメモと同じ感覚で利用できることが理解できたのではないでしょうか。ひとまず試しに使ってみて、「ToDoリスト」ツール(アプリ)の利便性をお確かめください。

フォームズ編集部
オフィスで働く方、ネットショップやホームページを運営されている皆様へ、ネットを使った仕事の効率化、Webマーケティングなど役立つ情報をお送りしています。