Excelの作業速度を大幅に上げるAltキーのショートカット一覧

公開:2022年07月12日

文字入力でキーボードを使い、上のリボンを選択するために右手を放してマウスを使用する。業務で多くエクセルを使用する人であれば、何度も経験した操作ではないでしょうか。

Altキーのショートカットキーを使えば、キーボードのみで操作が簡潔するので効果的に時短できます。この記事では、AltキーでExcel入力速度を上げる方法についてご紹介します。

Altキーでできること

Excelファイルを開いてAltキーを押すと、それぞれのタブの上にアルファベットが表示されます。

この状態で『H』キーを押すと、ホームタブにキーボードからアクセス可能です。

複数のアルファベットが振ってある機能にアクセスしたい場合は、そのアルファベットを順番にキー入力してください。

例えば、フォントサイズを変更するホームタブの『FS』にアクセスしたいときには、『Alt』『H』『F』『S』の順番でキー入力します。

これまではマウスが必要だった操作も、Altキーの活用でキーボード操作のみでできるようになるため、時短に繋がります。

よく使うAltキーショートカット一覧

以下の操作は、Altキーショートカットの中でもよく使うので、覚えておくと便利です。

事前操作 キー入力
セルの色変え 書式設定したいセルを選択 Alt→H→H→矢印キー
文字の色変え 書式設定したいセルを選択 Alt→H→F→C→矢印キー
文字列の左揃え 書式設定したいセルを選択 Alt→H→A→L
文字列の中揃え 書式設定したいセルを選択 Alt→H→A→C
文字列の右揃え 書式設定したいセルを選択 Alt→H→A→R
数式の表示形式 書式設定したいセルを選択 Alt→H→N→矢印キー
テーブルの設定 テーブルにしたい範囲を選択 Alt→N→T
ヘッダー・フッターの設定 Alt→N→H→1
印刷範囲の設定 印刷したい範囲を選択 Alt→P→R→S
名前の定義 Alt→M→M
名前の管理 Alt→M→N
数式のエラーチェック Alt→M→K→K
データの入力規則設定 Alt→A→V→V
セルにコメントを付与 Alt→R→C
ウィンドウの切り替え Alt→W→W→開きたい
ワークシートの番号
マクロの記録 開発タブを表示しておく Alt→L→R
マクロの管理 開発タブを表示しておく Alt→L→P→M

クイックアクセスツールバーの活用でさらに便利に

そのままでも便利なAltキーのショートカットですが、頻繁に使う項目までたどり着くのに押さなくてはいけないキーが多い場合もあります。

例えば「文字列の中央揃え」であれば、『Alt』『H』『A』『C』を順番に押下するのですが、全部で4回キーをタップしなくてはいけません

操作手順を覚えていればすぐに動かせますが、画面上を確認して1つずつキーを確認するのであれば、マウスで操作した方が早く終わるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「クイックアクセスツールバーの活用」です。

クイックアクセスツールバーにコマンドを追加すると、下の図のように表示されます。

クイックアクセスツールバーに登録しておくと、『Alt』『数字』だけで機能が使えるため、より効率的に作業を進められます。

クイックアクセスツールバーにアイコンを加えたいときは、以下の手順で行います。

最初に、追加したい操作のコマンドアイコン上で右クリックします。
すると、下の画像のような表示が出ます。

そこで、『クイックアクセスツールバーに追加』を選択すれば完了です。

Altキーから簡単に当該機能にアクセスできるようになります。

一度追加した機能を削除する場合は、クイックアクセスツールバー上のアイコンを右クリックして、出てきた『クイックアクセスツールバーから削除』の項目を選択してください。

Ctrlキーのショートカットと使い分ける/組み合わせる

Altキーのショートカットは便利ですが、Ctrlキーのショートカットと一部機能が重複しているものもあります。

例えば、ファイルの上書き保存を行いたい場合は、『Alt』『Z』『V』で実行可能ですが、『Ctrl+S』でも同様に実行可能です。

この場合、キー入力数だけを考えれば、Altキーを使うよりもCtrlキーで処理した方がスピーディーです。

このように重複したコマンドがある場合は、使いやすい方を選択して効率化していくことが望ましいです。

逆に、Ctrlキーだけで操作しようとしても難しい場合もあります。

例えば、『Ctrl+F』でシート内検索を呼び出した場合、『すべて検索』や『次を検索』のボタンを選択するためには、マウス操作を行うか『Tab』を複数回押していく必要があります。

ここで、Altキーを活用できます。

例えば『次を検索』を選択したいときであれば、『Alt』の後に、『次に検索』ボタン内のアルファベット(F)を押すことで、実行可能です。

『すべて検索』の場合は、同様に『Alt』『I』で実行できます。

ショートカットキー同士をうまく組み合わせて、効率化を図りましょう。

まとめ:自分がよく使うものは覚えてしまう

Altキーを押した後のキー入力は、多くても3つ以内で収まる場合が多いです。
そのため、よく使うAltのショートカットは覚えることをおすすめします。

また、上書き保存のやり方でもご紹介した通り、CtrlキーとAltキーによるショートカットは、一部機能が重複しています。

そのため、自分がよく使うものは「どの方法でショートカットするのが最速か」を覚えて実行することが理想です。

Ctrlキーでのアクセスが難しく、Altキーでも数ステップを踏まないと実行できないショートカットで、かつよく使うものについては、クイックアクセスツールバーの活用で効率化を図れます。

キーボード上で様々な作業を実行できれば、エクセルの作業効率は大幅に改善します。

ぜひ日々の業務に取り入れて、時短を目指しましょう。

フォーム作成クラウドサービス「Formzu(フォームズ)」を運営しているフォームズ株式会社です。
オフィスで働く方、ホームページを運営されている皆様へ
仕事の効率化、ビジネススキル、ITノウハウなど役立つ情報をお届けします。
-->
  • 【初めての方へ】Formzuで仕事の効率化
  • 【初めての方へ】メールフォームについて