【Excel】日付の処理をマスターして作業を効率化できる!日付に関係する関数まとめ

最終更新:2020年12月02日 公開:2020年12月01日

日程表や、カレンダーなど、Excelで日付を扱う機会は多いと思います。しかし、日付の表示の方法や、演算は少し複雑です。今回は、日付の表示方法と、日付の処理を効率化するための関数を4つ紹介します。

これまで、手作業で行っていた方は、ぜひ今回の手法を活用して、作業の効率化に役立ててください。

日付の表示形式

日付の表示形式は、様々な種類があります。例えば、「2020/10/27」、「2020年10月27日」や「令和2年10月27日」などです。Excelでは、セルの書式設定によって、これらを簡単に変更できます。

下図の通り、日付を入力したセルを選択し、「セルの書式設定」をクリックします。

分類」が日付になっていることを確認し、「種類」から形式を選択します。和暦を使用したい場合は、下図の通り、「グレゴリオ暦」を「和暦」に変更します。

DATE関数で日付を表示する

Excelは、日付をどのように処理しているかご存知でしょうか。

実は、Excelではシリアル値という値を用いて日付を扱っています。シリアル値とは、1900年1月1日を1とし、そこからの経過日数を数値にしたものです。

例えば、下図の表は、左右の列で同じ値を入力しています。ただし、左の列には日付形式、右の列には標準形式を用いて表示しています。1900年1月1日のシリアル値が1になっていることが確認できますね。

このシリアル値のおかげで、日付の演算が簡単に行えます。日付は、Excel内部で、シリアル値として処理されていると知ることは大切です。例えば、1900年1月1日より前の日付はExcelで日付と認識できません。

「DATE関数」は、入力されている数字をシリアル値(日付)に変換するための関数です。関数の書式は以下の通りです。

=DATE(年, 月, 日)

DATE関数を使うことで、年、月、日が別々のセルに入っている時、それらをまとめて、日付に変換することができます。例えば、下図の通り、独立したセルからシリアル値を取得することで、簡単に和暦の日付データを作ることができます。

TEXT関数で曜日を表示させる

別のセルに、日付に対応した曜日を表示させる際、便利なやり方を紹介します。オートフィルで入力するやり方もありますが、ミスを防ぐためにも、自動で表示させる方法を覚えましょう。

日付のデータから、自動で曜日を入力するためには、「TEXT関数」を使います。
TEXT関数の書式は以下の通りです。

=TEXT(書式設定する値, “適用する表示形式コード”)

今回は、書式設定する値には、日付のセルを指定します。日付に関係する表示形式コードは以下のような種類があります。

表示形式コード 表示(例)
aaaa 日本語の曜日(例:月曜日)
aaa 日本語の曜日短縮形(例:月)
dddd 英語の曜日(例: Monday)
ddd 英語の曜日短縮形(例:Mon)

WEEKDAY関数で曜日ごとに処理をする

曜日ごとに処理を行いたいと思ったことはありませんか?

例えば、「この曜日のセルだけ色を付けたい」などです。

シリアル値のままでは、特定の曜日だけを取り出すことが困難です。そんな時は、WEEKDAY関数をつかいましょう。WEEKDAY関数は、シリアル値から特定の曜日番号を返す関数です。以下にWEEKDAY関数の書式を示します。

=WEEKDAY(シリアル値, 種類(省略可))

種類は、返される曜日番号の種類を表しています。
自分の好みの種類を指定することができます。
以下に代表的な種類の例をまとめました。

種類 戻り値
1または省略 1(日曜)~ 7(土曜)の範囲の整数
2 1(日曜)~ 7(土曜)の範囲の整数
3 0(日曜)~ 6(土曜)の範囲の整数

WEEKDAY関数は、IF関数とセットで使われることが多いです。

実際の使用例を下図に示します。IF関数とOR関数を組み合わせて、「土曜日と日曜日は休業日、それ以外の曜日は営業日と入力する」処理を行っています。

DATEDIF関数で年数計算をする

2つの日付データの年数や日数を計算する際は、DATEDIF関数が便利です。

Dateは日付、DifはDifferenceの略で差分を意味します。DATEDIF関数の書式は以下の通りです。

=DATEDIF(開始日,終了日,単位)

返される数字は、指定した単位によって異なります。

単位 戻り値
Y 期間の年数を返します
M 期間の月数を返します
D 期間の日数を返します

下図に、DATEDIF関数の使用例を示します。TODAY関数で、今日の日付を呼び出し、入社日から今日までの年数と日数を計算しています。

例えば、勤続年数に応じた記念品をプレゼントする場面などで活躍します。

まとめ

日付の表示方法と日付に関係する関数を紹介しました。

セルの書式を変更することで、和暦や西暦を思い通りに変更できます。

また、関数は組み合わせて使うことで、複雑な作業が可能です。ぜひ、今回紹介した関数を使えるように練習してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でフォームズのブログを
フォーム作成クラウドサービス「Formzu(フォームズ)」を運営しているフォームズ株式会社です。
オフィスで働く方、ホームページを運営されている皆様へ
仕事の効率化、ビジネススキル、ITノウハウなど役立つ情報をお届けします。
  • 【初めての方へ】メールフォームについて